カービューのWEB限定単価UP査定

詳細はこちらから

車の買い取りが決まったら必要書類を用意しましょう

中古車査定で価格も納得し引き渡しする業者も決まった後の必要書類の準備。
通常は引き渡しする業者の指示どおりに動けば問題ないですが一応記載しておきます。

①自動車の車検証
査定した車が他人のものでないか確認する必要があるので所有者や現住所などの確認に使います。
通常であれば車に乗せてあるので問題ないですよね。もし紛失してる場合は運輸省で再交付をしてください。

②実印・印鑑登録証明書
車の名義変更時と譲渡証明書に必要なので用意しておきましょう。

③自賠責保険証明書
まさか切れてるなんて事はないですよね?法律で定められた保険なので切れていたりすると、売却出来ない場合もあるので確認しておきましょう。

④自動車納税証明書
これは毎年4月1日時点の所有者に対して税務署から送付されています。もし紛失した場合でも各都道府県の税事務所で再発行できるので紛失した場合は再発行してください。

⑤お振り込み口座番号
引き取ってもらった車の代金を振り込んでもらう口座番号・氏名をメモでいいので用意します。

以下の例外の場合は追加書類も!

①自動車の車検証と印鑑登録証明証の住所に違いがある場合
別途、住民票が必要になります。

②結婚して姓が車検証と違う場合
別途、戸籍抄本が必要になります。

引き渡し期日を守らないと再査定になる場合も・・・

せっかくカービューの単価UP査定で納得のいく金額で引き取ってもらい準備書類等で引き渡し期日に渡せなかった場合。 中古車市場は時期によって価格も大幅に動いているので場合によっては再査定で査定額が下がる場合もあります。

査定後は買取店の指示通りに迅速に行動して、間違いがないように準備書類を集めて迅速に引き渡しを行いましょう。 少しでも不明な点があればその買取業者に電話に問い合わせるようにすること、万が一期日に間に合わない場合は、事前に連絡いれることです。

このページの先頭へ